新潟県燕三条のプレス、アッセンブリ、金属加工の株式会社齋鐵(さいてつ)

新潟県燕三条のプレス、アッセンブリ、金属加工の株式会社齋鐵(さいてつ)

沿 革History

昭和4年5月 創立者 齋藤鐵之助が新潟県三条市荒町に工場を興し、三条特産品である包丁・鋏・爪切・鋸等の刃物類やタンス金具,小型プレスの製造を開始。戦時中は飛行部品の製造に従事。
昭和33年 内田製作所(現在株式会社コロナ)と取引開始。
昭和39年6月 法人組織株式会社齋鐵工場となる。資本金500万円。
昭和44年7月 役員改選を行い、社長 齋藤鐵之助が会長に就任。これに伴い、専務取締役 齋藤 實が、代表取締役社長に就任。
昭和47年9月 資本金3,000万円となる。
昭和48年6月 社名を株式会社齋鐵と変更登記して改称。
昭和49年7月 柏崎市茨目に、柏崎工場を建設。土地3,377㎡、建物1,155㎡。
昭和49年12月 本社工場前に、鉄骨3階建1,900㎡の近代的新工場を新築落成。併せて、200tダブルクランクトランスファープレス(アマダ)を導入。
昭和51年3月 株式会社齋鐵柏崎工場を分離独立して、柏崎プレス工業株式会社設立。代表取締役 齋藤 實就任。資本金2,000万円。
昭和55年5月 資本金5,000万円に増資。
昭和57年6月 県内初プレス二次ロボット導入。RYロボットシステム(オリイ)+6台 連結プレス(アマダ)ラインの設備。(現在は5ラインに増設)。
昭和59年11月 株式会社齋鐵商事部としての事業拡大の為、株式会社クリーエイト(家庭日用品製造・販売)設立。
昭和62年7月 立体自動倉庫導入。第三工場増・新設。
平成3年5月 大島工業団地に新社屋用地を取得。
平成4年4月 大島工業団地新社屋着工。
平成5年2月 大島工業団地新社屋完成・操業開始。
平成13年6月 株式会社クリーエイトの家庭日用品事業を営業譲渡して、株式会社ネオライフ設立。
平成16年7月 役員改選を行い、社長 齋藤 實が代表取締役会長に就任。これに伴い、専務取締役 齋藤孝之輔が代表取締役社長に就任。
平成18年4月 TPS生産方式の現場改善活動を導入。SPS(サイテツ・プロダクション・システム)活動として展開中。
平成27年3月 東京営業所開設